「アトリエKOJUN」の石材についての紹介です。
◆灯篭
様々な場所に自然と溶け込む灯篭。奈良時代、神仏への報恩、菩薩、繁栄を願うため献灯を行った事からその歴史は始まりました。すき間からこぼれる暖かい光は、先人たちの心を和ませ、時代と共に用途も広がりました。桃山時代には、茶人好みの灯篭が出てきて、書院庭にも使われるようになり、様々な形の灯篭が作られ始めました。
→トップへ戻る
◆灯篭
「あとりえKOJUN」で扱ってます灯篭は、和室や料亭などの玄関近くなどの坪庭などの中で飾りますと、いっそう雅な雰囲気を演出できます。サイズなどを合わせて様々な場所にご利用でき、赤みを帯びた石材であったり、重みをかもし出す石材であったり、同じ灯篭は2つとございません。底の部分からこぼれ出る光でさえ、月夜に見てますとほっとする風情を感じます。
→トップへ戻る
「アトリエKOJUN」のビオトープについての紹介です。
◆ビオトープ
自然の中にいるとヒトはやすらぎを覚え、活力を満たします。それゆえ、地球上に生きる全ての生物の共生の場所であるビオトーブの確保、維持はとても大切なことです。ビオトーブ作りは、子供たちの環境教育、生態観察、自然との触れ合いに役立ち、地域の人たちと共に公園などに生き物のすむ場所を広げていく活動にも役立ちます。
→トップへ戻る
◆ビオトープ
お家で簡単に「ビオトーブ」を始めませんか?ビオトーブの基本は動植物が集う空間づくりです。石で作った簡易の人工の生態系を作り、魚や植物が自生できる環境を作り、自然の循環をうまく機能させ、生命のバランスを保ちます。魚や虫を目当てに野鳥も集うかもしれません。自然の触れ合いを通じ、癒し効果やお子様の情操教育にも効果があります。
→トップへ戻る
「アトリエKOJUN」の石釜についての紹介です。
◆石釜
石で出来た釜は耐熱性、保温性が断然違います。石釜で大切なのは、材質です。毎日、石を加工し慣れ親しんでいる者でしかわからない熱に耐えられる石かどうかの選別。優れた石はオブジェとしてはもちろん優れた調理具としてもご利用いただけます。
→トップへ戻る
◆石釜
お庭などでお友達やご家族と青空の下でバーべキューをする時に、こちらの石釜は、大活躍します。ホームパーティなどでこちらの石釜を使ってみてはいかがですか。
→トップへ戻る
Copyright (C) 2005 atelie KOJUN 宏 All Rights Reserved.